ヤミ金は違法業者である

弁護士は、ヤミ金融業者のように法外な金利で営業を行う違法業者に対して、厳しい態度で臨むことを取り決めています。
出資法に違反する高金利の貸付は民法90条に違反した無効な契約とみなされるためです。
すなわち、

ということです。

自分が契約した借金が違法契約であることを法的に証明することができれば、借主が借りた金を返さなくても不当利得にはなりません。

ただしこの民法90条を悪用して、最初から1円も返す気もないのに融資契約をして「違法融資だから返さない」と主張するのは詐欺行為とみなされます。
悪質な計画的犯行を起こした、債務者本人が逆に罪に問われることになりますのでご覚悟を。

弁護士に相談をすれば「債務不存在」を主張し、返済しない方向で交渉をしてくれます。
ヤミ金問題に積極的に取り組んでいる弁護士に今すぐ相談してください。 解決に向けて法律の専門家と団結して動きましょう!

※債務不存在とは?
利息制限法に基づき、それまでに支払った利払いを再計算した場合に、元本を全て返済し終わっている状態のことをいい、弁護士介入などによって債務不存在を主張することで、業者への支払いを無効にすることが可能になること。

HOME
ページ上へ