弁護士にヤミ金被害の相談をしない人

「ヤミ金の相談を弁護士にしようと考えていますか?」と質問をして、「いいえ」と答えた人に理由を尋ねてみると、公務員であったり役職を持っているなど、万が一返済が遅れた時に、立場上不利になる環境の人や、 結婚していて家族に内緒だったり、婚約したばかりで相手に知られたくなかったりと、誰にも知られたくないという理由から相談を躊躇しているケースが多いようです。

警察や弁護士などに相談することで、一番知られたくない人に知られてしまう恐怖。これは見方を変えれば、内緒にしていることからくるストレスまでも抱えていると言えるのではないでしょうか?
自分ひとりで解決できれば一番いいでしょうが、違法な闇金融業者の取り立ては少しずつにエスカレートし、結局、家族や身内、会社にまで迷惑をかけることにもなりかねません。

取り返しが付かなくなる前に、よく考えてみて下さい!
『相談』は誰にもバレることなくできます。でも闇金業者は貴方がどんなに隠したくても、容赦なく周りの人を巻き込んでいくでしょう。
弁護士への相談は基本有料ですが、ヤミ金問題を積極的に取り扱う弁護士の中には、無料でメール相談に対応してくれるところがあります。

「いつか」「そのうち」と言っていないで、解決したいなら早期決断を!

弁護士に相談をすれば「債務不存在」を主張し、返済しない方向で交渉をしてくれます。
ヤミ金問題に積極的に取り組んでいる弁護士に今すぐ相談してください。 解決に向けて法律の専門家と団結して動きましょう!

※債務不存在とは?
利息制限法に基づき、それまでに支払った利払いを再計算した場合に、元本を全て返済し終わっている状態のことをいい、弁護士介入などによって債務不存在を主張することで、業者への支払いを無効にすることが可能になること。

HOME
ページ上へ